ちま母

11月のモントリオール(カナダ)。防寒具はどこまで必要か?

私たち夫婦はすでに30代後半。 この歳になって初めてのホームステイを10日間してきました。 場所は冬が始まったばかりのモントリオール。 海外旅行経験も乏しく、英語力もほとんどない夫婦の珍道中です。
最初、モントリオールは秋から紅葉の季節のどこかで行く予定でした。 それが、子どもの幼稚園、小学校の行事の都合でのびのびになった時、 「11月後半になると、寒さも厳しくなるが、本当にそれでいいのか?」 「来るなら紅葉の時期のほうが、景色もきれいだし、気候が安定しているからおすすめ」 と、現地の日本人から強い口調(メール)で念押しがありました。 子どもの行事と主人の仕事の繁忙期の関係で、時期はずらせない・・・。 私たちは「モントリオールがどれだけ寒いのか想像もつかない」状態での荷作りを開始しました。  
 
買いすぎた私と無謀な主人
  『寒さが厳しいに違いない。』   そう思い込んだ私は近所のおばさん服屋さんで防寒インナーを買い集めました。 あと、雪山仕様のものをいくつか。 ・裏起毛クルーネック長袖2枚 ・裏起毛ハイネック長袖2枚 ・裏起毛タイツ2枚 ・ユニクロ防寒巻きスカート ・モンベル、アルペンブーツ ・スポーツデポ、スキー用靴下 ・目出し帽 ↑これにプラスして、家にあったスキーウェアを着ていく予定。   あと、ホッカイロを旅行日数分持ちました。 「貼るホッカイロ」と「靴用カイロ」 靴用は足裏につけるタイプより、甲につけるタイプのほうが歩きやすくて好きです。  
※ 職場が底冷えするので、冬が来る度お世話になっています。
  主人は逆でした。 『寒いといっても今までの服で耐えられるに違いない。』   しかし、出発前日にロシア出身のママ友に服装をチェックしてもらい、「今着ているコートでは全然足りない」「ユニクロの防風ダウンくらいは用意していったほうがいい」と貴重なアドバイスをもらうことができました。   そのあと手近にあったユニクロに飛び込み、一通りの防寒具をそろえました。   ・防風ダウン ・防風オーバーパンツ ・ニット帽、手袋、ネックウォーマー ・極暖タイツ ・極暖クルーネック長袖2枚 ・極暖ハイネック長袖2枚 ↑ 大丈夫だって言っていた割にはがっつり買い込む主人。   機内では着込みすぎたせいか、暑い思いをする二人。   しかし、本番はモントリオールに着いてから。 モントリオールに着くのは夜中。 果たして、日本で用意した防寒具は通用するのか!?  
(長くなってもあれなので、)結論!!
  11月24日 午前0時 夜中のモントリオールは厚着していったおかげか、あまり寒くありませんでした。 迎えに来てくれた現地の日本人の方より、「今日は気候がいい」と聞きました。 「明日はもっと寒い可能性があるのか・・・」   11月25日 朝遅くまで寝ていた二人。 ホストマザーが作ってくれたお昼を食べたあと、買い物に。   この時の買い物で、カナダ仕様のダウンコートを買ったため、防寒インナーは不要になりました!! もちろんホッカイロ不要。   モントリオールの冬に耐えられるコートは段違いに暖かいです!   「カナダの人はコートの下は半袖なんだよー?」という嘘か本当かわからない逸話は聞いたことがありますが、信じられませんでした。 まさか本当だったなんて・・・。   ※ カナダグースの下は半袖!   夫婦二人して、「冬のカナダで、半袖が足りなくて半袖を買う」というアホみたいな状況におちいりました。 冬のモントリオールに行く人で、カナダ仕様のコートを持っている人は、半袖をお忘れなく! あと12月以降に行く人で、現地でコートを買おうと思っている人は 「コートを買いに行くためのコート」をお忘れなく! ユニクロの防風ダウンでいいから・・・。        

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。