ちまの理念

ちまの理念、人物像

ちまの理念

女の子に必須?!エログロ耐性を楽しんでつけよう

主人からの言葉で、「親の目の届くうちに、エロとグロと宗教の紹介をしよう」というのがあります。 それは、温室で潔癖に育てたあと、ひとり立ちすると、今まで自分が知らなかった世界を見せてくれた人を信用してしまうからです。 例えば、大学の先輩や年...
ちまの理念

勝ちたがる子は感想戦をしたがるかも。伸びる兆候!を逃した話。

ある夜。 長女・いちこ「街コロとキングドミノやりたい」 ちま「えっ。今から!?もう寝る時間なんですけど」 長女・いちこ「やーりーたーいー」 ちま「長女がいつまでもお風呂を洗わなかったから遅くなったんじゃないの? とにかく、あまり時間はあ...
ちまの理念

職場の同僚「なんでそんなに怒らないんですか?」

子どもとの電話 職場の休憩室が私しかいなかったので、子どもに電話していました。 「おかあさんですよ。 によですか?おかあさんです。 おうちくもんはどうでしたか?うん、うん。 そうなんだ。よかったです。 宿題は...
ちまの理念

一人っ子は距離感がわからない?満たされていない接触欲

一人っ子だった私が3人の子どもを持ちました。 子どもに囲まれて寝る狭い布団。 ゆっくり手足を伸ばして寝たい。 そんな時もありますが、、、。 今はいつでもハグしたい時にハグできる。そんな環境が嬉しいですね。 一人っ子の私が感じた...
ちまの理念

親が好きなものは黙ってても伝わるという恐ろしい事実(好きなフリ嫌いなフリは意味ない)

親が好きなものは子どもに言わなくても興味ないフリしてても伝わる、というある意味恐ろしい?事実があるそうです。 今回、その前提を私が知らなかったために、夫婦の認識の違いが浮き彫りになって、子どもと主人と私の意思にすれ違いがありました。 ...
ちまの理念

子どものお手伝いで『お風呂そうじという労働』より『きれいな温かい湯にすぐ入れる場作り』の方が価値があることを学ぶ

長女・いちこが追い炊きの設定を確認せずスイッチを入れたため、うっかり熱々のお湯にするところでした。 主人から、 仕事をするときは「何をするか」ではなく、「どんな完成形にするか?」 を考えるよう促されていたので、会話をまとめたいと思いま...
ちまの理念

子どもがインプットするときはモーダルチャネルを重視しよう

人には覚えやすい覚え方というのがあります。 これが、けっこう人によって違い、子どもにもその考え方が当てはまると思います。 (子どもからはわかりやすいフィードバックがないので、データは取りにくいですが、脳みその基本的な出来は大人と子ど...
ちまの理念

学校では教えてくれないことを動画で学ぶ 〜命、世界、そして因果に対する「責任」

※ この記事は子育て中の親が読む前提で執筆されています。 子育て中、特に小学生1〜2年女子を育てている親御さんにはお役に立てるのではないかと。 『学校では教えてくれないこと』を『創造の産物』が教えてくれるのはよ...
ちまの理念

マミー、わからない

くもんのおはなし。 国語でも算数でも、新しいプリントに入った時は大変そうです。 それでも大変な時にヘルプが出せるのは良いことです。 以前はヘルプがうまく出せずに「できないモード」に入ってしまって、気付くと泣いてる状態でした。 一度「でき...
ちまの理念

はじめての育児・子育てをこれから始める人に伝えたいこと。三人の子持ちより。

一人目の育児をこれから始める人に伝えたいことがあります。 私は昨年三人目を出産しました。 三人目を育て始めて思ったことがあります。これはある種の後悔・・・とも言えるかもしれません。 子どもが一人増えるごとに、だんだん理想のポイントが下...
タイトルとURLをコピーしました