ちま母

子どもとトランプゲーム!「お金」と予告



大きい数字が苦手な子どもに試してもらいたい方法です。

トランプを使います。大統領じゃないほうです。(当たり前か・・・)

大きい数字の簡単な足し算、引き算がファミリアになります。
簡単なルールなので、諸刃の剣ですが・・・。(後述しますm(_ _;;m)




大きい数字が苦手だったいちこ。
最近、うちの子どもたちのトランプブームに便乗して、「お金」というゲームを教えました。

あまり頭を使わないゲームなので、私としては教えることに疑問がありましたが、大きい数字に慣れることができれば満足かな、と思い教えました。




★お金のルール★





・トランプを図↑のような金額とします。

・すべて裏向きに置き、混ぜ、場札とします。

・その中から5枚取って手札にします。

・じゃんけんで勝った人(Aさんとします)が場札から1枚取ります。他の人はAさんが取った札と同じ金額をAさんに渡します。
(例:1000円だった場合、500円の札2枚でも、100円の札を10枚でもOK。もちろん1000円1枚でも。)





・次はBさん、というふうに、順番に場札から取って、他の人は渡す、というのを繰り返します。

・それをくり返して、最後に一番多い金額を持っている人の勝ちです。

・途中で0円を下回ったら、「破産」。その人を飛ばします。
(次のターンから復活、というルールもあるようです。)

・ちょうどいい金額を持っていない場合、お釣りや両替はアリ。
(1000円1枚しか持っていないのに100円必要、といった場合)



最初は

「500円がないので、1000円渡しました。おつりはいくら?」

と聞くと「300円・・・?」と、自信がなさそうでしたが、
教えて1週間ほどたつと、

「はい、500円。」

と、自然にできるようになりました。
その500円も、『500円1枚』でも『100円5枚』でも自由自在です。



いいですねえ。「10+10=」を目の前にして指折り数えていた長女・いちこが成長しました。

あーよかった、という気持ちです。




しかし、問題が・・・。
この「頭を使わないゲーム」。運のみ!のゲームは長女・いちこの好みにあっていたようで、「おかあさーん。お金やろー?」と毎日ねだってきます。





2枚あるジョーカーを意図的に手札にしたときは、ちょっとねちねち怒りました。
それはだめでしょうwww

マウントとりたがりのいちこです。(ズルすぎです)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。