ちま母

ライオンに会ってきました。

3年ぶりに 群馬サファリパークへ。 3年前は1歳、4歳だった二人っ子がそれぞれ姉になりました。 時がたつのは早いですね。 餌の箱にすっぽり収まるシカ、車の行く手を阻むシマウマ、転がるラクダ、勝手に草をむしって食べるゾウ・・・ 動物が檻の中でじっとしているような動物園が多い中、どの動物も車を気にせず堂々と過ごしていて、なんだか気分が良かったです。 地面が土や草なのがいいのかしら?檻が狭くないのがいいのかしら?
スポンサードリンク
ウォーキングゾーンでは餌やりができる動物がいます。
ライオンの餌は他の餌よりちょっと高いですが、ぜひあげたほうがいい。 ライオンの餌は今日は 馬肉だそう。他に牛や鶏もくれるらしい。飼育員のお姉さんに「豚はあげないんですか?」と聞いたら、「人間が豚を生で食べないのと同じです」とのこと。寄生虫的な理由かしら。
スポンサードリンク
25年前に親の立場で群馬サファリパークに行った人に話を聞くことができました。 当時はできたばかりの話題のテーマパークで、超!渋滞していたそうです。 敷地に入ると目の前にはメインゲート。迷わず進んだらしいのですが・・・トイレはメインゲートの外・・・。そして場内は渋滞・・・。 もう二度と行くまいと誓ったそうです。(よく考えるとパーク側はあまり悪くない?) 今はウォーキングゾーンができ、トイレも行きやすかったよ!と伝えると考えが変わった様子。 子連れだとトイレに行きやすいといいですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。