ちま母

改良版 あやとりの紐の選び方は?100均で見つけた おすすめ素材と結び方



※ このページはこちらの記事の内容を改良したものです。


あやとりの紐の選び方は?100円ショップで見つけた おすすめ素材と結び方




お母さん!あやとりのひもがほしい!


長女・いちこが小学生になり、同級生からあやとりを教わり帰ってきました。


いちこ「おかあさん、あやとりのひもがほしい!!」
私「うわー、なつかしい!」



テキトーなひもを結んであげればそれでいいだろうとは思ったのですが、娘のためならちょっとこだわりたいのが親心。
ちょうどいい素材があるようならそれを用意してあげようと思い、ググってみました。


すると・・・。






・・・時代でしょうか。


最近では「あやとり専用ひも」という商品もあるのですね!



くせもつきにくく、結び目もない。
すべりも良さそうなので、長持ちしそうです。


手先を使う遊びは頭にも良さそうだし、これなら親子でできる!
子どもにさせたいことは「親がやってみせる」これが鉄則ですからね。


→フェアにいく参照




しかし、私は悲しいかな貧乏性・・・。
「もらう」ならまだしも、あやとりのひもを「買う」というのはなんか抵抗があります。


そこで、どうにか自分で用意することにします!




インターネット上で提案されていた素材はこんな感じ


・ナイロン


・アクリル


・毛糸



インターネット上で紹介されていた素材選びのポイント


・くせがつきにくい


・かたすぎない


・やわらかすぎない


・結び目がない


などなど・・・。




そもそも「あやとり」というものは、物がない時代に手軽に遊んでいたもの。


家にあるもの輪っか状になるものなれば、それでいいわけです。



知恵袋などを見ても、素材は二の次で、ある程度の長さのひもが輪っかになっていれば「なんでもいい」という結論になっていました。



そこで、私なりに「あやとりのひも」にどんな素材が向いているか考えてみました。



素材を選ぶポイントとは?


私も小学生の時はずいぶんあやとりで遊びました。


精神的な成長が遅かったため、高校生くらいになっても遊んでいたような気が・・・。
数年(十数年?)楽しんだ中で、感じていたことは以下の通り。



私が思う、あやとりのひもの素材のポイント(向き不向き)


・毛糸は細かい糸を吸い込む気がするので気分がよくない(安い毛糸は毛糸のケバケバが舞う)


・多少のびるほうが指にやさしい(ひもを取る時に一時的にきつくなるため


・のびすぎるゴムは形がつくりにくい


・輪ゴムのようなすべりがよくないゴムも思うような形になりにくい(摩擦でねじれていく)


・張りがあったほうがひもがとりやすい


・張りがありすぎるとすっぽ抜けていく(特に子どもは指が長くないので涙目です)



それだけでなく、
自分の子どもに使わせるにあたって、安全性も重視したくなりました。


となると、固いひもより、多少のびる素材のほうが安心です。




結論


100円ショップで売られている「ヘアゴム(髪の毛用のごむ)」が良いのではないかと!



写真のような細めのものが遊びやすいです。


108円で3本(ショップによります)手に入るので、コスト的にも問題ないかと。


1本1メートルの商品が多いので、これをそのまましばるくらいがちょうどいいのではと思います。
あまり長すぎても難しくなってしまいますものね。


(自説なのですが、あやとりは肩幅で遊ぶものだと思うのです。友だちとイスをくっつけて座り、迷惑にならないくらいのイメージで。すると1メートルくらいがちょうどいいかと)



※ ↑お友だちと 出来ることをシェアしあうことを前提に。



もし短めにする場合は、結び目はなるべく少ない方が遊びやすいので、ちょうどよい長さに切って、1回だけ結ぶようにしましょう。




↑ 子どものころ私が愛用していた本と今回用意したごむ(赤・紫) ↑



今回用意したごむ(赤)で「鼓(つづみ)」を作ってみました。
「いよーっ、ポンポンポン・・・」という日本古来の太鼓の一種ですね。




半分くらい忘れていた「ひとりあやとり」。
これをきっかけに復習しました。



よくやってましたよ。
なつかしーです。
(*´∀`*) .。.:*☆


ちなみにこのごむは1メートルのヘアゴムをそのままの長さでしばっただけです。



そこまで複雑なあやとりでなければ、


結び目があっても全然大丈夫!


長さもこれくらい(1メートル)でじゅうぶん楽しめますよ!



ただし、難しいものに挑戦するときはもっと長さが必要だし、結び目もないほうが望ましいそうです・・・。



どんな分野でも・・・楽器でも、スポーツでも、あやとりでも・・・
レベルが高い方、もっと上を目指す方は専用のものをというわけですね。




あやとりのひもの結び方


ヘアゴムであやとりを使う場合、注意点があります。
きっちり結ばないと、遊んでいるうちに ほどけてきてしまうのです。



ほどけにくいしばり方の一例として、こんなしばり方があります。


ほどけにくいしばり方



ほどけにくい割にほどきやすい結び方なので、いろいろなシーンに使えますよ。



おまけ:懐かしの本は今でも手に入るのか?


私が遊んでいた本。amazon見たら、売ってましたよ・・・。
「古書」ですって。


なぁ~~~にぃ~~~!?


by カエレバ



娘があやとりをする年なんだもの、いつの間にか時がたっていたんですな。(汗)



スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です