ちま母

子どもの自分磨きの時に選んであげたい「ルシェロ ピセラ」



子どもは大きくなってくると大人の重要性が落ちますね。
簡単に言うと、
言うことを聞かなくなってきますね。



最近、小4になった長女・いちこが「はみがきしなさい」の声かけで磨かなくなってきました。
今までも歯磨きするまでには紆余曲折あったのですが、今まで以上です。






仕上げ磨きはいつまでするか?



主人は、自分があまり仕上げ磨きしてもらっていなかったようで、(男子ってそんなもんかも)
「もう自分で磨くだけでいいんじゃないの?」と言います。

私も「そうかなあ?」と思う時もあったのですが、
私が通っている歯科医のアドバイスで、
「矯正をする可能性がある場合、仕上げ磨きはなるべくしたほうがいい」
「トラブルに早く気づける」
「一人の目じゃなく、複数の目で見ることで気づけることもある」
「一度仕上げ磨きをしなくなると、子どもは成長するので、どんどん仕上げ磨きができなくなる」

というものがあったので、

「矯正をする可能性がある以上、なるべく長く続けるつもりでいる」
と答えました。


しかし、毎日3人の仕上げ磨き。
しかも、なかなか来ない長女・・・。


困ったので、長女の歯科の定期受診の時に歯科医に聞いてみました。

すると、
「おかあさんが仕上げ磨きをしてもいいのですが、自分でも磨けるようになってもいい年です」
と。


確かに。
『いくら私が仕上げ磨きをするからといって、自分でも磨けるようにならないと大人になった時困るな』
と思い、歯磨きの指導を受けることに。


すると、
「歯ブラシ持ってきました?」
「えっ、持ってきてないです・・・。」
「・・・」
「・・・買います!」




ピセラ



そこですすめられたのが、この歯ブラシ。
「ルシェロ ピセラ B-20M」







「横から見てみてください。先が段になっているのがわかるでしょう?」
「横磨きだけでも上手にみがけるんですよ」

とのこと。


うちの子どもたちは私に似てあごが細いので、歯並びがお世辞にも良いとは言えません。
歯が重なっている部分もあります。
なので、歯ブラシ選びも重要なのですね。

生えたての永久歯は痛みを感じやすいので、超やわらかい歯ブラシを使っていた時期もありましたが、
★ 生えたての永久歯は特に注意!歯ブラシを選ぶポイントとおススメ3選

最近は生えたての永久歯もありませんので、ルシェロピセラの普通のかたさ(M)一本でいけそうだなと。




自分歯磨きの時の鏡は、壁かけ?手鏡?



ついでに自分磨きの時の鏡について聞いてみました。

「先生。鏡は洗面所みたいに固定のやつと、手鏡みたいな手持ちとどちらがいいんですか?」
「どちらか?と聞かれたら、奥をみがくときなど角度が変えられる手鏡です。」
「意外!」
「前の方を磨く時は、洗面所のような鏡で広く見れるほうがやりやすいですけどね」
「たしかに・・・」

本人のテンションがアゲ〜↑になるような手鏡を用意してあげるといいんじゃないかな?と思いました。




仕上げ磨きの時にしてあげたい口の中のマッサージ



最後に口腔内のマッサージについて教わりました。
しあげ磨きの時に、歯の周りと舌のまわりをなでてあげるんだそうです。

効能は、
・唾液がよく出るようになる
・舌の動きがよくなる
・あごが広がるかもしれない
・生えてくる永久歯を助ける刺激になる

具体的には本職に教わったほうがいいと思いますが、こういうのがあるよって紹介でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA