コナンのリアル脱出ゲームは一人プレイだと楽しめるか?やってみた

日々のちまちま母

オンラインリアル脱出ゲーム×名探偵コナン 『四重捜査網(クリミナルカルテット)からの脱出』

一人プレイでもこのへん工夫すれば楽しいよってことをまとめた記事です。

家にいながら リアル脱出ゲームがしたい!

アタリメパズルも好きだけど、
子どもができてからはなかなか時間がとれず、、、
そんな時に楽しんだのがiPhoneアプリの脱出ゲームでした。
(当時は日本語のタイトルがまだまだゲーム数が少なく、「escape」「room」などで検索してました)

手軽だし、中断も容易。
長いシナリオのものはどこまで進めたか思い出すまでに時間かかることも多いですが。
(こうなると迷宮入り。諦めてしまう)

 

そういえば、以前・・・といってもいつだったのか覚えていないくらい昔。
リアル脱出ゲームを一度チャレンジしたことある気がします。
その時は1問目で時間切れというあっけない幕切れでした。

なんだよもー、ですね。

今回、とある知り合いから知らされた、この話。

オンラインリアル脱出ゲーム×名探偵コナン 『四重捜査網(クリミナルカルテット)からの脱出』

【公式】リアル脱出ゲーム×名探偵コナン「四重捜査網からの脱出」
「リアル脱出ゲーム」と「名探偵コナン」がコラボレーションした体験型エンターテインメントが、ついに、あなたの家にやってくる!#コナン脱出

※  捜査網からの脱出って犯人目線だと思うのですが、どうなんでしょう?

リアル脱出ゲームなのにオンライン?
4人で遊ぶともっと面白い?
LINE通話などで通話して楽しめる?
でも一人でも遊べる?

なんだか俄然興味がわいてきました。

気になったけど、謎解きなんてする時間ないし、、、
子どももいるし、仕事も休めないし、

と思ったら、目前に迫るGW!

三女のお昼寝タイム8時間×4日でいいとこまでいくだろうと判断してスタートしました!
(謎解きキット購入前にとあるレビューに二人で8時間かかったと書いてあるのを見つけて、私でもいける!と判断しました)

始めるにあたって、友人に半分手伝ってもらおうか考えたのですが、
お昼寝は必ずするかわからないし、
三女が何時に寝るかもわからないので、
あえて知らせずに一人でプレイすることにしました。

使ったもの・必要なもの
・謎解きキット4種類(コナン・平時・安室・赤井)
・iPad Pro(パソコンでも。大きい画面が良い。)
・固定ワイファイ(動画もあるので、パケット代考えると・・・)
・大量のメモ(私はA4紙6枚くらい使った)
・ペン(パズル解くときもあるので、必要な人は蛍光ペン、色ペンあるといいかも)
・iPhone(インターネット検索ができる端末であればなんでもOK)

はじめ、ガジェットが4個必要なのでは?と思ってましたが、
一個あればじゅうぶんでした。(人数分でいい、ということですね)

iPad ProのSafariにタブ4個にわけて入室すれば、行ったり来たりして謎解きできました!

もしもの時用に、ゲームコードはメモ帳に書いておいて、
そこからコピペして使いましょう。

章の終わりや始まりはみんなで一斉にストーリーパートを見るタイミングがありますが、
そういうロックはかかっていないので大丈夫。
 
普通にムービーを見れます。

共通のムービーはキャラごとに流れますが、内容は一緒です。
動画の最後までスライダーを動かせば、「次へ」が出ます。

一人プレイではちょっと面倒な一手間ではありますが、うっかり飛ばして見逃すことを考えると私はこのままで良いと思いました。

 

あと、検索用の端末が必需品です。
ネットと連動しているので、気になるキーワードを見つけたら、検索してみましょう。

「http://realdgames~~~」というURLならこのゲームに関係あるサイトです。

私は謎解き用iPad Pro(4つのタブでそれぞれのキャラクターをログインしている)
のほかに、
iPhoneで検索してました。

リザルト

 
結果、三女のお昼寝タイム4時間×2日でクリアできました!

見直しに回数制限はないし、
プレイの時間制限もないので、かなり気分は楽。

やはり理想は4人でのプレイ(オフライン・オンラインともに)なんだなとひしひし感じました。

確かに言えることは、
4つガジェットがあっても、

それを一人で見ていたのでは間に合わなかったろう、ということ。

手分けして、、、
指示して、、、
助言もらって、、、
というコミニュケーションを楽しむゲームなんだと思いました。

 

それでも、ムービーを見て、手がかりをメモって、次の人のムービーを見て、メモって・・・
をくり返せば可能です。
ずいぶんと行ったり来たりをしました。

徐々に解けていく謎・・・。気持ちよかったです。

 

一人プレイの良いところは、
ムービーがひとりじめってところですね。

通常、自分のしか見れないはずですもんね。

自分しかプレイヤーがいないから、
ゲーム中断も再開も思いのまま。

 

やはり、物語が大きく動くところでは、
全員揃ってからはじめるシナリオだったり、
Aさんの謎を解くのにBさん不在じゃ何もできなかったりします。

それでも時間制限がないので、中座した人が自分のタイミングで戻ってきて進めることも可能です。

でもプレイ時間が長くなるし、何より間伸びしてしまいます。
これはもったいない。

テンポよく進んでくれるたほうが嬉しいですよね。

 

ただ、誰か一人が投げちゃうと完全に進まなくなるので、
『これ以上は時間がなくてできない!』『続けられなそう!』となったら、
早めに仲間に知らせましょう!

誰かが新しいタブを立ち上げて、二人分プレイすれば、続きがプレイできます。

キットが必要なので、送ってもらったりしないとですけどね。

結論:一人プレイは全然現実的

  • 一人プレイは全然現実的
  • マイペースにプレイできる
  • ムービーが全部観れる
  • 人のペースでの中断がない

コメント

タイトルとURLをコピーしました