ちま母

6歳児の起こし方(昼寝からのスッキリとした目覚め)

そろばん教室には車で行きます。少し距離があるので、車で30分くらいかかります。 その道中、普段は昼寝しないイチコが寝てしまいました。全くの想定外。 ニヨは寝るもんだと思っているので、午前中から動きや疲労具合を計算して予定を組んでいるのですが、イチコは普段は昼寝しないので考えていませんでした。 そこで私がとった行動。
スポンサードリンク
イチコの起こし方 ・ゆする ・ぺちぺちする ・甘いものを食べさせる(今日は梨。いつもはラムネです) 今日はなかなかしぶとく、ここまでで良い感触は得られませんでした。ここで起きることも多々あるんですが・・・。 イチコの起こし方② ・だっこで外を歩く ・甘いもの(2回目) ・落ちそうなだっこ(しがみつく必要があるので起きるかなと) 少しずつ目覚めてきました。もう一息です。 イチコの起こし方③ ・支えて立たせる ・両手をつないだ状態でジャンプさせる ・「お母さんがヘマこいた」系のジョークを言う ・甘いもの(3回目) 今日のジョークは「10回ジャンプしよう!」って言っておきながら、「途中で楽しくなってきちゃったので20回ジャンプしちゃった」というわけわからないもの。さむいとか言わない(> <;; 子どもの寝起きは直後のコンディションに影響するので、気持ちよく起きて欲しいですね。 今日は寝ている時間が短かった(10分くらい)ので、寝起きは良かったと思うんですが「もっと寝ていたかった・・・」と苦情が出ました。 でもその後、うとうともせず、夜までもったので、ちょうど良い昼寝だったんじゃないかと思います。 イチコの起こし方<まとめ> ・ゆする ・ぺちぺちする ・甘いものを食べさせる(今日は梨。いつもはラムネです) ・だっこで外を歩く ・落ちそうなだっこ(しがみつく必要があるので起きるかなと) ・支えて立たせる ・両手をつないだ状態でジャンプさせる ・「お母さんがヘマこいた」系のジョークを言う
スポンサードリンク
あと今日は梨だったのですが、いつもは「ラムネ」「歯ごたえのあるもの」を用意しています。 アゴを動かすと起きれそうな気がするので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。