ちま母

一戦5分以内?!手軽に対戦できるゴブレットゴブラーズ!と実店舗のススメ



おすすめボードゲーム
「ゴブレットゴブラーズ」


一戦5分という手軽なゲームとして売られているが、 実際は5分もかからないことが多い。もっとさくさく進む。


短時間で決着が着くし、「後少しで勝てそうだったのに!」というフラストレーションが
「あと一回!」と言わせる。
7種さんにはかなりおすすめw




ゴブレットゴブラーズ。略して「ゴブゴブ」



以前、東急ハンズやロフトに売っているのを見て気になっていたゲーム。
行きつけのボードゲーム屋さんで見かけたのでお試しプレイさせてもらいました。
戦略性がかなりあったのでおもしろく、つい衝動買い。
(まあ、衝動買いしに行っているので)




ゴブゴブはルールがおもしろい



くわしいルールは各サイトにおまかせしますので、ここではさらっと。
あと、ルールブックだけでは把握しきれない部分も紹介します。


持ち駒
青、オレンジともに同じ内容
・小ゴブ 2個
・中ゴブ 2個
・大ゴブ 2個


大ゴブだけで一列揃わないあたりが戦術のキモですね!
ゲーム中は大ゴブが3つあったら良かったのに・・・!と思うこと請け合いですが、それじゃあゲームにならないw



・タテヨコナナメに3つ揃った人の勝ち
これが大前提


・盤面に置いたゴブも動かせる
斬新なところ!





・小さいゴブにかぶせることもできる
これがポイント!ゴブレットゴブラーズならではの部分です


・見えるゴブだけカウントする
例えば、オレンジの中に青いゴブがいるので、青いゴブが揃っている!という主張はダメ。
ただし、オレンジを持ち上げたら、中から青いゴブが出てきた・・・その瞬間青いゴブが3つ揃った!となったら、青の勝ちです!
持ち上げたオレンジを戻してもムダですw
中までちゃんと覚えておきましょう。


・さわったゴブは必ず動かす
実は盤面のゴブを持って、優しく振ると・・・中にゴブが入っているかどうかがわかってしまうのです!
どういうことかと言うと、悩んでいるフリしてカンニングができる。
少なくとも中にゴブが入っていないことがわかれば、安心して動かせますよね。
だからこそ、一度触れたゴブは動かしましょう。ズルはよくないw




ゴブゴブのプレイ風景



うちの長女は勝ち気な性格なため、負けると感想戦をやりたがります。
私には理解できず、そっけない対応をとったこともあるのですが、受け入れて付き合うことにしました。


→くわしい経緯はこちら。
★ 「勝ちたがる子は感想戦をしたがるかも。伸びる兆候!を逃した話。 」


ゴブゴブは幸いにも2人プレイなので、私と長女でプレイしていると、なんの障害もなく感想戦ができます。
(3人、4人プレイのゲームだと、誰かが反対したら感想戦できないので、その場合、プレイ状況の写真を撮って後回しにします)


感想戦を繰り返したからかなんなのか、最近、長女がすごく強くなってしまって、なかなか勝てなくなりました。
負けがこむ母・・・。


私は感想戦ってあまりやりたくないタイプなのです。
なんか負けにしがみついているようで、かっこ悪いじゃないですか。楽しくもないし。


しかし、長女を見て思いました。
どう見ても、同じ時間プレイするより、感想戦を挟んだ方が強くなるのが早いです!
これは大発見でしたね!!
(大発見と言っても、囲碁や将棋の世界では大昔からされてきたことなので、じゅうぶんエビデンスがあるわけですがw)



実際のプレイ風景


それでは、実際の対戦はどんなものなのか見てみましょう。



日常の一コマなので、舞台設定にこってなくて背景がお布団なわけですが、ご愛敬ってことで。


▲先手・・・長女・いちこ(青ゴブ)
△後手・・・父・ねると(オレンジゴブ)




まだまだ平和。ちいさなゴブたちが和やかに暮らしていました。
(このへんからすでに殺気立つ時もあります)





ゴブゴブの醍醐味。
ゴブを食べるゴブ!!


バクゥッ!バクゥッ!


盤面の色合いが様変わりしました。


真ん中が青なら青の勝ちなのですが、
大ゴブより大きいゴブがいないので、真ん中を青くすることはできません。





バクゥッ!


すかさず大きいゴブで小さいゴブを食べて、自分の色を揃えていきます。


すると・・・





バクゥッ!
父・ねると「揃った!」


父のオレンジゴブが揃いました。



長女の青ゴブも惜しかったですね。
⑦で手を広げずに、右の青ゴブの強化をしたほうがよかったかも知れません。

と思ったら・・・?





バクゥッ!!


出番がなかった青の大ゴブがオレンジゴブを喰ってしまいました。



いちこのささやかな犯行です。(もちろん無効です)




ちなみにこのプレイはまだシンプルに決着がついた方です。
青の大ゴブは本戦には登場しなかったですしね。


中には、『もう動かせるゴブがない・・・』と(負けるとわかっていて)ゴブを動かさないといけないことや、
これで勝利だ!と持ち上げたゴブの下から相手のゴブが出てきて負けることも・・・。



主人に「絵だけじゃわかりにくい」「ゲームプレイ動画がほしいな〜」と言われたので、前向きに検討中。




ゴブゴブのお兄さんがいた!『ゴブラーズ!』



先日、親類に会った時に「これおれ古いタイプ持っている。こんなファンシーじゃなかったよw」
と言われたのが気になったので調べて見たらあった。


「ゴブレット!」 ゴブレットゴブラーズと違う点は、
頭のピョロピョロ・・・ではなく、盤面が4×4となっている点が一番大きな違いでしょう。


自作でゴブレットゴブラーズを作った人のサイトを見たら、
そのサイトでは4×4でも遊べるようにゴブゴブを作っていました。
その発想力と才能にシットしているましたが、すでに商品化されていたとは・・・。
(いきつけのオモチャ屋さんや全国のボードゲーム専門店を応援したいので、自作サイトの紹介はしません)





主人が予想するに、3×3だとゴブたちの中のゴブまで考えると、覚えるべき最大スペースは3×3×3=27。
4×4のゲーム盤の場合、4×4×3=48と倍近くなります。


子どもや初心者と楽しく遊ぶなら3×3のゲーム盤をおすすめします。


新しいゴブゴブは頭のピョロピョロもかわいいですしね。
(フェルトでできているので、大きいゴブをかぶせても邪魔にならないんですよ。カワイイ!)



ゴブレットゴブラーズ



・広い年齢層におすすめ
・ボードゲーム初心者にも把握しやすいルール
・お友だちをさそって遊ぶのによいかも


★ Amazonで探す


★ 楽天市場で探す



ゴブラーズ!



・ゴブレットゴブラーズに飽きた
・玄人向けのちょっと一味違う対戦がしたい
・ゴブゴブの色が正直微妙・・・もっとシックなものはないの?


そんな方には「ゴブラーズ!」


★ Amazonで探す


★ 楽天市場で探す


★ 多分今は製造していないでしょうし、古いものなので、品数があまりないんでしょう。高価です。木製ですし。


木製でない、ヨーロッパ版はこちら。
白黒の色合いがかっこいいです。



★ Amazonで探す




蝶☆蛇足



ある架空の母の話。



今までボードゲームは買ったことない。
でも話題だし、脳トレにも良さそうだし、ちょっと試しに子どもと遊んでみようかな・・・?
・・・
今日は初めて買ったボードゲームが届く予定の日。
仕事帰りにドキドキしながら宅配ボックスを開けると商品が・・・。
届いている!子どもの喜ぶ顔が早く見たいな。
・・・
なんかおかしい・・・箱が潰れている・・・
中身は『本当に新品?』と疑いたくなるような汚れが。
拭いてはみたものの、微妙な気分。
私の低いテンションが映ってか、子どももあまり喜ばない・・・。


やっぱりボードゲームはわが家には合わないんだわ。



という感じで、初めて買ったボードゲームが外れってことになると、
ボードゲーム自体に嫌なイメージがつきます。
少なくとも次を購入するときに思い出しますよね。


それだけは避けたい。



私も客として困惑しています。


Amazonはパチモンが多いのに放置だし、
楽天は妙に高いものがある。(安いものが売り切れたら高いのを買うしかない)


まあ、Amazonも楽天も商品数やショップ数が多いので、管理しきれませんよね・・・。


うちは信頼できる実店舗で購入しましたが、同じものを通販で買おうとしたら困ったろうな・・・という感想です。



Amazonの現状




(2020.08.27現在)
* この中で一番信頼できるすごろくや経由が2ページ目。知らなきゃ気付かない。



楽天市場の現状



(2020.08.27現在)
* 一般的な価格と高騰した価格が混在。確実に品切れ狙いの置き商品。(何かの間違いで売れたらいいな〜)



なので、信頼できる実店舗を探して、そちらでお試ししてから購入することを強くおすすめします。
実店舗はボッタクラないw


おもちゃ屋さんだけでなく、ボードゲームカフェも視野に入れてみてください。
(私は行ったことないので、そちらのレビューはできませんが。子どもがもう少し大きくなったら行ってみたいなあ)



もし近くにない場合は通販を使うと思いますが、その場合は値段だけで選ばずに、悪いレビューを参考にしてくださいね。
(良いレビューはいくらあっても意味ないですby主人)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA