ちま母

電動歯ブラシを嫌がる子に。大事な前提をわかってもらおう。ブラウンの電動歯ブラシの提案。



子どもの口腔衛生。
親なら気になるところだと思います。

大人なら虫歯も自己責任ですが、子どもの場合はちょっと事情が違いますよね。


うちも子どもに電動歯ブラシを使って仕上げ磨きをしたかったのですが、 当の本人が嫌がっててしない。ということがありました。

それがとりあえず解決し、電動歯ブラシを使ってくれるようになったので、詳しくお話しします。




ドラッグストアで衝動買い



くもん教室の帰り、家族でドラッグストアに行った時のことでした。

私の趣味で歯ブラシ売り場を見ていた時のことです。

長女いちこが電動歯ブラシに興味を示したのです。





えっ!家にあるドルツ(電動歯ブラシ)を嫌がって、全然使ってくれないのに!?

主人にそう伝えると、
「今までのは使わなかったみたいだけど?」
と念押ししてくれました。

すると、長女・いちこは、
「これなら使う!」と。


本当かよ・・・?!
思わず疑う私。


しかし主人は、
「使ってみたいなら買ってもらって使ってみれば?」


『買ってもらって』ってなんだそれ!
自分で買ってあげればいいじゃん!

しかも気になるところがもう一つ。
ピカチューだってこと。

今までなるべくキャラ物は避けようとしてきたのに!
しかも幼稚園で禁止されている戦う系のコンテンツ!
下の三女はまだ登園してるので、家にあるものがそのまま流出する可能性がある!
(三女に「アンパンマーン」を連呼された時はヒヤヒヤものでした^^;)

ところが主人にはそんなことはどこ吹く風。

「いいよ、いいよ」と買ってあげてました。

オオィィイイイ!!主人!!


(結局、支払いは主人がしました)←大事




子どもの歯を磨くのが大変な理由とその対処法の一例



子どもの仕上げ磨きは大変です。
私が思う大変な理由は以下の通り。


1 ) 子どもの奥歯は空間が狭い
2 ) くちびるがプニプニしてて歯を隠す
3 ) 「あー」や「いー」をさせてもすぐ力が抜ける
4 ) 飽きて動きだす




1 ) 子どもの奥歯は空間が狭い


奥歯を磨こうとすると空間が狭いため大変です。
例えば下の歯の奥歯を磨きたい時、歯ブラシの背は上の歯に触れます。
これが一般的な電動歯ブラシだったら、ヘッドの振動がアゴに伝わってしまい、大きな音と振動がするのです。

6歳永久歯が生えた後はもっと大変です。
子どもの狭いアゴの一番奥に臼歯が出てきます。
しかもその臼歯は他の歯より背が低いので、そこを磨こうとすると、毛先を潰しつつ、歯ブラシを無理やり奥へ突っ込むような磨き方になります。
(たまに子どもが「オェー」ってなります^^;)


これには電動歯ブラシが良い働きをしてくれました。



2 ) くちびるがプニプニしてて歯を隠す
3 ) 「あー」や「いー」をさせてもすぐ力が抜ける


ほっぺがつるつるでプニプニしてるのは子どものチャームポイントですよね。
つい、プニプニしてしまいます。

しかし、歯みがきとなると、子どものかわいいプルプルリップが歯ブラシのジャマになることがあります。


「あー」や「いー」をしてもらっても、だんだん『パカー』っと力が抜けてしまいます。

月並みですが、うちでは「元気なアーをして」や「元気なイーをして」と声かけをこまめにしています。

さらに、口の中がわ(アー)→口の外がわ(イー)→口の中がわ(アー)→口の外がわ(イー)→奥歯4ヶ所(アー)
という感じで、アー、イーの指示をこまめに変えることによって、疲れからくる失敗が起きないように工夫しています。


アーやイーをうまくするには口のまわりの筋トレが必要。
毎日の歯みがきはそのまま筋トレタイムになります。



★ 余談 ★

よく、腹筋の筋トレで、『上半身を上げたところで10秒止める』という腹筋トレーニング法がありますが、
やったことある人はピンと来ると思うのですが、上半身を上下させるより、つらいですよね。

同じ筋肉を使い続けるよりは定期的に使う筋肉を変えた方が疲れにくいです。


口輪筋にも同じことが言えると思います。

だから、効率よく?トレーニングするなら、「ずっとアー」や「ずっとイー」の方が良いのでしょうね。
うちの子は体力がないので^^;
上記のように「アー」「イー」をこまめに変えるようにしています。



私がかかりつけにしている歯科は丁寧な診察に定評がありますが、かなりこまめに口を開け閉めさせることで、疲れを感じさせず不快感を抱かない工夫をされてました。



4 ) 飽きて動きだす


私、つねづね思ってたんですけど、仕上げ磨きの時の子どもはなぜか、
「しょうがない、お母さんがうるさいから付き合ってやろう」
という態度なんですよね。

だから、口をつぐんだり、ベロで押し返したりして、暇をつぶすんですね。


いやもう、ふざけんな、と。(心の叫び)


そこを誤解してると互いに悪循環なので、

・仕上げ磨きは歯みがきスキルがまだ未熟な君たちのためにしていること。だから、ヒマだから遊んでようという考えはお門違いであること。
・自分歯みがきは将来、自分一人できれいな歯を維持できるようにする練習であること。



うちでは仕上げ磨きの時に遊びだすと、
「オイオイオイ、君は何か勘違いをしていないか?」
と、説教が飛び出すので、徐々に協力的になりました。
それでもたまに忘れて、ふざけだすので、今でもたまに説教をします。

説教の全文を下の方に載せときます。
あまり気持ちのいいもんじゃないですが、気になる方はどうぞ〜。




ブラウンの子ども用電動歯ブラシが良かったところ



上の方で長女にねだられた、ピカチューの電動歯ブラシですが・・・。
これが思わぬ拾い物!



ヘッドの背が歯に当たってもアゴが揺れない☆



今までのは、
歯ブラシの背に反対側の歯が当たると、 ブィィィイイイ!!と大きな音がしてアゴを揺らすため、長女は電動歯ブラシが嫌いだったようなのですね。


それが、ブラウンはそういうことがないのです。


一般的な電動歯ブラシの場合、ヘッド全体を振動させて磨くため、歯ブラシの背に歯が当たるとブィィィイ!!となります。
でもブラウンなら 歯ブラシの背は振動せず、毛先部分だけをツイストさせて磨く構造上、歯ブラシの背に歯が当たっても大きな音がしないのです。



奥まで歯ブラシが届く☆


今までのは、口の奥へ入れようとすると反対側の歯にあたり、それでも奥の歯が磨きたいので毛を押しつぶすようにして磨いていました。
無理やり奥まで押し込まないと磨きたいところ(一番奥の歯の奥側面など)まで届かないので、つい力ずくに。
よくオェーってなっていましたが、ピカチューにしてからずいぶん磨きやすくなりました。
子ども用のブラウンは毛先が短めにできているそうです。



だ液が飛びにくい☆


今まで使っていた電動歯ブラシはヘッドが振動するため、毛先が乾いているうちはいいのだけど、磨いていくうちに、子どもの潤沢なツバが歯ブラシに染み込んでブバババ・・・!と飛ばしてきます。

ブラウンは今までのものよりツバが飛びにくいです。

子どもの仕上げ磨きをする場合、磨く場所を目で見て毛を当てるので、口を開けたまま磨くことになりますからね。
今までのはハネが飛んで、なんとなくヤでした。




おまけまんが





「いちこーん、電動歯ブラシしよー!電動歯ブラシでピカピッカ!(ピカチューの鳴き真似)」

はっ!ピカチューの起用理由がわかった。




ブラウンの子ども用電動歯ブラシが良くなかったところ



ネックが太い?


ずいぶん良く磨けているようなので長女のことが羨ましくなり、私も替えブラシを購入して使ってみることにしました。




ブラウン オーラルB 替えブラシ ベーシックブラシ(5本入)
★ Amazonで検索する
★ 楽天市場で検索する



このタイプの替えブラシを購入。
大人用のブラシだったので、子ども用のボディーにハマるのか不安でしたが、
ちゃんとハマり、動きました。

大人用だったせいか、ネックの部分が太く、私には磨きにくかったです。ドルツより太いかも。
私は口の入り口が小さい上に、奥行きが深いらしいので、相性の問題だと思うんですが^^;
(慣れたら、良く磨けるので気にならなくなりました)



低い音が響く


私にはドルツよりブラウンの方がうるさく感じました。
でもドルツでも声をかけられているのはわかっても、なんて言ってるのかまではわからなかったので、実質同じですね。



歯茎が傷つきやすい人はヘッドを選ぼう


私は口の中が荒れやすいです。
飴を舐めると舌が荒れるくらい。

なので、ブラウンの普通の替えヘッドだと歯茎がこすられるのでヒリヒリしてしまいました。



次女・によも、飴をなめると口が荒れる子です。
ブラウンで仕上げ磨きをしてみたら、翌日は口内炎が出来てました。



かかりつけの歯科医の先生に相談してみたところ、

・大人用のスタンダードなブラシヘッドを使っていたこと。
・機能が限定された安いモデルを使っていたこと。

を指摘され、そのどちらも心当たりがあるものでした・・・。


その先生は家族全員、下は3歳の子までブラウンを使っているというのを知っていたので聞いてみたんですけどね。



歯茎が弱い人は 強度が調節できるモデルにしたり、 柔らかい毛先を持つヘッドを選んだりなど工夫をしといたほうがおススメです。




※ 悩んだら最上位モデル「ジーニアス」



ちなみに長女・いちこは歯茎が口内炎で荒れている時は(毛先がブラウンほど動かない)ドルツに戻しました。




※ 自宅にあるのは購入当時最新のモデルでピンク色です。




長女の感想



最後にいちこに感想を聞きました。





新しい電動歯ブラシは・・・
・すごいいい
・音が怖くない
・ブィィィイがない
・ピカチューがかわいい

だそうです!




後日談



やっぱり電動歯ブラシは嫌いだそうですorz

でも嫌いだけど、ブラウンならやるって言ってました。
毎日の約束が二日おきになりましたが^^;


女の子だし、遺伝的にアゴも小さいので、どの子も歯列矯正をする可能性があります。

それまでに自分歯みがきのレベルを上げておくのが目標です!




おまけ:説教の全文



ちま母
オイオイオイ、君は何か勘違いをしていないか?
お母さんはなあ、何も好き好んで君の歯を磨いているわけじゃないんだよ。
お母さんの趣味に付き合ってあげてると思ってるならフザケンナ。
君がまだ自分歯みがきがじゅうぶん上手くないから代わりに仕上げをしてあげているんだ。
じゃあなんで自分歯みがきなんて意味ないじゃん、と思うだろう?
君はいつかお母さんが仕上げ磨きをしなくてもきれいな歯を保つことができるようにならなくちゃいけない。
だから、毎日の歯みがきは大きくなった時に仕上げなしで歯をきれいに保つための練習なんだ。
だから、歯ブラシくわえて本を読んだりしてる時間は全くの無駄なんだよ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です