ちま母

朝のテレビを見せないためにした工夫

いちこ6歳1ヶ月 によ3歳8ヶ月 さんこ0歳6ヶ月 この時は当たり前のように生活にテレビが入り込んでいました。私も朝夕のプログラムを暗唱できるくらい、子ども向け番組を把握してました。
朝の流れはこんな感じ
起床 ↓ テレビ ↓ 朝食(台所) ↓ テレビ ↓ くもん(テレビ消す) ↓ 歯みがきなど(テレビつける) ↓ 幼稚園へ と、こんな風にテレビを見せてましたが、くもんを始めることがなかなかできないandご飯食べに来ない。よく考えると当たり前なんですが、うちみたいにここで困ってるご家庭も多いことかと思います。
こんな対策をとってみました
朝の時間はテレビをつけずにクラシックを流すことにしました。あと、姉妹間でテレビの取り合いをしたら問答無用でクラシックです。 私はもともとクラシックを聴く習慣がなかったので、中高生ごろ音楽の授業でクラシックを聞く時なんて苦痛で仕方ありませんでした。 つまんなく感じたのは聞き慣れていなかったからで、子どものうちから流しておくとそこまで拒否反応を示さないんだなというのが率直な感想です。クラシックがつまらなかったのは私自身がテレビを見て育っていたせいだなと思います。(私の母が働いていたので、私の祖母が子守をしていた) それでも中高生時代にエレクトーンでクラシックを弾くのが楽しくなって、初心者用にアレンジされたクラシックを何曲か弾けたので、多少は知ってる曲はありました。 しかしそれ以外はほとんど知らず。そんな私の楽しみ方としては、 「あ、この曲、CMで聞いたことあるー」 とか考えながら聞いていることが多いです。 「いつも本屋で流れてる曲だー」 とかね。 最近では「どこかで聞いたことあるクラシック」という感じの面白そうなCDシリーズがあるようですね。興味はあったんですが、近所のツタヤに置いてなかったので今回はスルー・・・。 でも入り口としては全然ありだと思います!
事の発端は?
同居のおばあちゃんがどこからか「ピアノの音が子どもの発育?にいいらしい」と仕入れてきたのが発端でした。 もちろん、主人は以前から「テレビは自学自習によろしくない」と言っていて、そんなこと言われてもどうしよう・・・対策を講じなきゃ!と思っていた矢先のことでした。くもんをスムーズに始めてくれないと困るのは監督兼進行役の私ですしね。 おばあちゃんが「クラシック!」と言い出したその日におじいちゃんが家に偶然余っていたスピーカーを設置。その日の昼に私とおばあちゃんでツタヤに行き、目ぼしいCDを借りてきました。 (家族の中で発言力が大きいのがおばあちゃん)
CDの選び方
近所のツタヤで棚から選びました。 ピアノの楽曲で比較的有名なものを選びました。「ピアノ名曲100」とかだと知らない曲ばっかりになりそうな予感がしたので、なるべく曲数の少ないものを意識的に選びました。 あとオーケストラはそもそも狙っていたピアノの音ではないし、音の強弱が激しい印象だったので避けました。赤ちゃんに大音量の音楽は聞かせたくありませんでしたので。
はたして結果は?
テレビを見せていた時よりぐっとくもんに移行するのが早く楽になりました。 親だけのメリットではありません。本人たちの負担感もそうとう違うようです。 気分が乗らず、ずーーーーんと動かずつらそうな時がなくなりました。「えー・・・くもんやりたくない・・・めんどくさい・・・」みたいな感じがなくなりました。 そりゃあテレビ見てる方が楽ですものね! テレビ見てるとここまで受け身になるのか、と驚きました。 気にしていたのがテレビをクラシックにした時の反対運動ですが・・・ うちは6歳と3歳と0歳の姉妹ですが、「朝はクラシックだよ」と通告したら、それほど抵抗もなく受け入れられました。 くもんプリントをするにもスムーズに移行できるし、ご飯も食べに来るようになりました。家族からの評判も上々です。 『クラシック効果』というよりは『テレビ消した効果』だと思うけど、『テレビの代わりにクラシックを流している』『クラシックが流れているのでテレビは諦めてください』と考えれば『クラシック効果』と言えなくもない。 何もついてないと、『テレビつけるかつけないか』というところで争いになったと思われます。
今後の改善点
あとはDVDの対応ですね。 子どもが好きなディズニーのDVDなんかはどうなんでしょう?いちこはアナ雪のエルサが大好きで、この前もアナ雪のDVDを見たがりました。しかしまだそこまで基準が決めきれていなくて、「おとうさんに聞いてみるね」の段階で止まっています。(それでガマンができるいちこは抑圧があるのではと心配になってしまいますが) 以前の記事の内容から考察すると、CGを使っていない昔の作品ならOKなのかしら・・・?(『白雪姫』『シンデレラ』などの古いアニメーションのものなら?) あとで主人に聞いてみたいと思います。 いちこが大好きなアナ雪の行く末もね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。