ちま母

7歳児が考えた 「えび反り」で足を頭につける方法とは?

長女・いちこ   生まれつき??なぜか背中が柔らかく、添い寝していたはずが、頭をけられたこともあります。 本人も柔らかいことを自慢に思っているみたいです。   昔から「体が柔らかい人はケガをしない」というようなので、 (実際は『しにくい』程度だと思うのですが) 体が柔らかいのは良いことじゃないかな?と思っています。   今日は いちこオススメの柔軟方法をお伝えしますが、 無理な柔軟は筋肉を壊し、 じん帯を壊すらしいので、 無理な柔軟はしないでください。  

・・・

  反るのが好きないちこ。   夜、眠くなってくると反らないといられないようで、 反れないとちょっと不機嫌に・・・。     いちこ「あーもう!反らないとすっきりしない・・・!」   デスクワークしていて、背伸びしたい感覚と同じでしょうか?   そんな いちこに、どうしたらそんなに柔らかくなれるのか聞いてみたところ、 快く教えてくれました。     いちこ「まずは髪の毛を伸ばします。」 私「最初から難題ですね。」     いちこ「次に、髪の毛を背中につけます。」 私「それができたら苦労しないよ」   つい、口をついて、もれ出る本音。   いちこ「だんだん髪の毛を短くしていけば完成!」 私『ずがーーーーん!!』(予想通りーーー!)     いちこ「坊主にすれば頭がおしりにつきます。」 私「無茶言うなよ!」  

・・・

  そもそも、最初の段階でつまづく人が多いと思うのですが、 どうしたらいいのでしょうか??   

スポンサードリンク
◯◯◯ アメブロで不定期更新中です ◯◯◯   朝くもんの様子、習い事の状況、日常のひとこまなどつづっています。 娘たちをスルメパズルにいざなう ちまちま母のブログ        

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。