ちま母

平熱があるみたい。三女の場合




今回は三女・さんこが4歳半の時のお話です。
ある朝、さんこが「お熱があるみたい」と言い出しました。





いっちょまえにヨロヨロしながら寄ってきましたが、直前までフルパワーだったのを見ていた私。
半信半疑です。


体温計を用意することすらめんどくさく、『高かったら出してくればいいか』と、おでこで熱を測ります。





やはり全くない熱。平熱です。


もう、この辺りから長女・いちこは
『平熱くるぞ!平熱くるぞ!』とそわそわ。


バレるからやめてー!!と思うけど、余計なことも言えないし。


私の
ちま「大変だ!平熱だ!!」
でそわそわ最高潮な長女・いちこ。





さんこ「あさ はやく おきると
へいねつが でちゃうんだよ」

「もっと ねんねしないと だね」


さすが、4歳半。今までにない長ゼリフです。


そんな感動もつかの間。


いちこ「平気な熱ってことだよ!!」



泳がせてどんな行動をとるか見たかったのに・・・。
とはいえ、長ゼリフの時点で体調は良くなってるようなので、泳がせても何もなかったかもしれませんが。


三女・さんこは上二人と比べて、とうとうと長ゼリフを語ることが多いです。
(長女は沈黙〜単語、次女は短文を叫ぶ感じでした)


同じ家で育つ姉妹でも興味あるなしには違いが出ますね。
(もちろん、たいへきも違います)


これから先、姉妹の個性がどう伸びるのか楽しみです。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA